気侭に壁紙サイズ写真で綴る 別館1
 
身近な出来事で盛り上がろう 2005-02開設・・お持ち帰り自由です
 


2008年7月を表示

兵庫県公館・旧県庁舎

毎週土曜日は公開とポスターが
目に入り何度か見学したことがありますが入館してみました
あまり面白いとお思われません~~「笑い」

兵庫県公館は明治35「1902」年に兵庫県庁として建設され
永きにわたり県政の歩みを刻んできた歴史的文化遺産です
昭和60「1985」年に迎賓館と県政資料館の機能を併せ持つ
「兵庫県公館」として生まれ変わってからは内外からの賓客の接遇や
県政の重要な会議や式典に利用されるとともに、
県政の歩みや兵庫の姿などを紹介しています
公館内には兵庫県文化賞受賞者の作品や県にゆかりのある
芸術家の作品など多くの美術品が展示されています
毎週土曜日に無料公開されているようです

正面玄関左に新緑の中にひっそりと考える人?



玄関を入ると正面に
クラシックなエレベータが現役で稼動していました



間接照明で重厚さを感じさせられる
公式の迎賓に使われている大広間・・
クラシックシャンデリアが綺麗です



シャンデリアは県花である
「のじぎく」の形だそうです






7月26日(土)21:10 | トラックバック(0) | コメント(2) | 気侭なデジカメ散策 | 管理

兵庫県公館 2

公館内には有名画家の作品が数多く
展示されていますが
全国の美術館のイベントでは貸し出されるそうです

ガラスケースに展示され目に入っていたのは
中近東某国から寄贈された~

会議室~~色々な公式行事に使われている



屋上ガーデンと言っても3階ですが、
淡路・真珠貝の噴水が珍しい



クラシック建築は裏側「北側」から見ても立派です








7月26日(土)21:07 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気侭なデジカメ散策 | 管理

ふうせんかずら・藤・デュランタ 

昨年と同じ歩道の端っこに咲いていた
ユニークの形が面白い

★風船葛 (ふうせんかずら)・無患子(むくろじ)科★
・緑色の風船形の実がなる、じつにユニーク
 風船唐綿のようなとげとげはない
 実の中にあるタネの姿はかわいらしい
・蔓性でまわりのものにどんどん巻き付いていく
  そこから「葛(かずら)」の名がついた



★デュランタ「タカラヅカ」・クマツヅラ科★
  別名「台湾レンギョウ」

 比較的最近のものですが、丈夫で栽培が容易なことも
 あってよく見かけます
 ローマ法王の侍医で、植物学者でも あった
 「デュランテスさん」の名前に由来する(16世紀の人)
 写真は紫色に白の覆輪が入る
 「タカラズカ」がよく出回っています
 花径1㎝ほどの小さな花ですが
 耐寒性はあまり強くないそうです



★藤 (ふじ)・豆(まめ)科★
・紫色の花が、幹の方から先端に向かって咲き進む
・蔓(つる)は他の木などに「右巻き」に巻きつく
・夏になると新しい枝先から
 また少し花が咲くことがある









7月23日(水)08:25 | トラックバック(0) | コメント(0) | 自宅付近 | 管理

我が家の庭にて

連日の暑さで昼間は外に出られなくて
タイミング良く目が覚めたら
早朝5時頃に・・・
日が暮れた夕方・・キティ連れて出かけますが
写真が撮れなくてネタ不足で困りました
仕方がないので、何の変哲もないものをアップします

★野鶏頭 (のげいとう)・ひゆ科★
・原産地インド、熱帯に広く分布する
・高さは70cmぐらいになる
・夏から秋にかけて、ピンク色の円柱状の花が密に咲く
・「鶏頭」の原種がこの花






★コリウス・紫蘇(しそ)科☆
・インドネシアのジャワ島原産
・色鮮やかな葉っぱが特徴、
 とんがった紫色の花とともに秋によく見かけます
・別名 「錦紫蘇(にしきじそ)」
    「金襴紫蘇(きんらんじそ)」









7月23日(水)07:48 | トラックバック(0) | コメント(0) | 自宅付近 | 管理

早朝の散歩

暑さに負けないように
  くれぐれもお身体を大切に
    ご自愛下さい

根っからの不器用さで
  亀より遅い更新とおもいますが
    よろしく お願いします


散歩途中の小さな花壇に
艶々した小さなトマトが目に入りました









散歩に出かけるのは嬉しいキティですが
少し歩くと日陰で休憩です
そして、帰宅して涼しくなると、元気回復です






7月21日(月)20:54 | トラックバック(0) | コメント(3) | いつもの散歩道 | 管理

あざみ

★薊 (あざみ)・菊(きく)科★

名前から優しくて柔らかい花だと想像していたら
なんとなく鎧甲に身を固めて強うそうな感じですね

・葉は羽状に裂け、縁にとげがある
・沖縄の八重山では、とげを「あざ」と呼ぶことから
 「あざぎ」(とげの多い木)と呼ばれ
 しだいに「あざみ」になった
・また、「アザム」の言葉に由来するという説もある
 「アザム」には「驚きあきれる」とか「興ざめする」
 の意味があり、花が美しいので手折ろうとすると
 トゲにさされて痛いので
 「驚きあきれ、興ざめする」ということから
 この名前がついたらしい
・春咲きのアザミはごく少なく
ほとんどのアザミが夏から秋にかけて咲く
 花のあとはタンポポみたいな種(たね)になり、
 風に乗って飛びます
・別名 「野薊(のあざみ)」
・9月24日の誕生花
・花言葉は「独立」















7月18日(金)23:00 | トラックバック(0) | コメント(0) | いつもの散歩道 | 管理

暑い散歩道シリーズ

まだ雑草の中で頑張って咲き残っていました
6月初旬から咲いているのを横目で眺め
通り過ぎていました、可愛くて綺麗な花です

★ツルバギア・ビオラセア・百合(ゆり)科★
・南アフリカがオランダの植民地だった頃(18世紀)に
 その総督だった
 オランダ人「ツルバグ」さんの名前にちなんだそうです
・別名「スイートガーリク」
・5月27日の誕生花
・花言葉は「落ち着いた魅力」









朝鮮朝顔の種?~実です
なんとなくグロテスクな形ですねぇ






7月18日(金)22:42 | トラックバック(0) | コメント(0) | いつもの散歩道 | 管理

梅雨明けの散歩道

梅雨明けしたようですが、相変わらず蒸し暑いです
涼しいそうな時間を狙って出かけますが
目新しい花々は残念なことに目に入らない、残念!

☆ペンタス ・茜(あかね)科☆
・熱帯アフリカ原産・ 明治末期から大正初期に渡来
・枝先に星形の花をたくさん咲かせ
 夏から10月頃まで咲く色は赤、ピンクなど
・別名 「草山丹花」(くささんたんか)









鉢植え・この渦巻きのような蕾かな?
なんだろう??咲いてみないとわからないなぁ






7月18日(金)22:29 | トラックバック(0) | コメント(0) | いつもの散歩道 | 管理

早朝の散歩

寝坊常習者なのに
珍しく早い時間に目が覚めたので
暑くて滞りがちになっているキティの散歩でした
それも、自宅付近を一回りしただけで帰宅「笑い」

少ないけれど、まだ咲いていたローズマリー
あまりにも小さいのでピントが難しい
近寄って撮っていると
蝉がまさに脱皮しょうとしているのを見つけた♪
蝉が鳴き始めたら梅雨明けして真夏だと聞いたことがある?

★ローズマリー・紫蘇(しそ)科のハーブ★
・地中海沿岸原産
・青紫色の小さい花。葉は細長い
・芳香あり
・薬用、香料用に栽培される
・5月9日の誕生花
・花言葉は「静かな力強さ」









キティは少し歩いただけでダウン気味!





7月15日(火)09:33 | トラックバック(0) | コメント(2) | いつもの散歩道 | 管理

暑い散歩道

このところ雨は全然降りません
朝から晩まで湿度の高い蒸し暑い日が続きます
散歩に出かけると汗が流れ距離も短くなり
撮るような花々も少なく楽しみがない
いつも立ち寄る小さな公園も花はない
夏の代表的なひまわりを撮っただけ、寂しいね

★向日葵 (ひまわり)・菊(きく)科★
・北アメリカ原産。16世紀にイギリスに伝わり
 「太陽の花」と呼ばれ始めた
 (花の形が太陽を思わせる)
・名前は花が太陽の動きにつれてまわることから。
”日まわり”
 でも「花首の柔らかいつぼみのときだけ
 昼間太陽の方向を向いて夜に向きを戻し
 成長して花が咲いてからは東を向く」
 というのが本当のようです
・別名 「日輪草」(にちりんそう)
    「日車」(ひぐるま)。
・8月17日の誕生花
・花言葉は「私の目はあなただけを見つめる」









★金柑 (きんかん)・蜜柑(みかん)科★
・中国原産
・1826年に、中国の商船が遠州灘(静岡県沖)で
 遭難して漂着して清水港に寄航した際に、
 船員が、助けてくれた地元の人に砂糖漬けの
 金柑果実をプレゼントし
 その種が育って日本で広まった

・花は夏から秋に何回か咲く。白い5弁花
・みかんの小型の実がなる(直径2cmくらい)
 皮がついたままでも食べられる
 よく洗ってから食べようね)
・のどあめとしても使われる
・別名 「姫橘(ひめたちばな)」






7月14日(月)17:12 | トラックバック(0) | コメント(2) | 視線を花々・植物 | 管理

艶々の松葉菊(まつばぎく)

★松葉菊 (まつばぎく)・蔓菜(つるな)科★
・開花時期は、 4/ 5頃~ 8/ 末頃
・葉は松葉のような形で多肉質
地を這うように広がる。また、花は菊の
 ようなので松葉菊の名になった。
・南アフリカの砂漠などに自生する。多肉植物
・ピンク、黄、橙などの色の花がいっぱい咲く
 開花時期はいろいろあり
 4月~6月頃に咲くものや、少しおいて
 7月~8月に咲くものもある
・4月12日の誕生花
・花言葉は「忍耐」















7月13日(日)22:06 | 視線を花々・植物 | 管理

アベリア「花園衝羽根空木」

散歩に出かけると必ず垣根として使われ
見慣れたごく小さな花です
目をこらしてみないと見過ごしそうですょ

★アベリア・吸葛(すいかずら)科★
・開花時期は、 6/10頃~11/ 末頃
・夏から秋まで長く咲き続ける
・車道の脇によく植えられている
・甘い香り
・別名 「花園衝羽根空木」
   (はなぞのつくばねうつぎ)









★紫御殿 (むらさきごてん)・露草(つゆくさ)科★
・開花時期は、 6/ 1頃~11/ 末頃
・原産地メキシコ
・葉が全面的に紫で、花も紫。紫づくめ
 名前もそこから来たのでしょう
 けっこう長いあいだ咲いている
・別名「パープルハート」(紫の”ハート”)






7月13日(日)21:44 | トラックバック(0) | コメント(0) | 視線を花々・植物 | 管理

花々を探して散歩道

まだ梅雨明けしていませんが
雨も全然降らなくて蒸し暑い日が続きます
散歩に出かけても
この季節は撮るようなむ花々が少なくて
楽しみが本当に少ない・・暑くて疲れるだけ「笑い」

★浜木綿 (はまゆう)・彼岸花(ひがんばな)科★
・開花時期は、 7/10頃~ 9/ 末頃
・海岸近くに植えられる。
・浜辺に生え、白色の花を「木綿」
 (コウゾの皮から採った繊維で、神事のとき榊につけ
  垂れ下げたもの)に見立てたことから
・じつにおもしろい咲きかたをして実の形もユニーク
・別名 「浜万年青」(はまおもと)
  葉が万年青に似ているから
・宮崎県の県花






★松葉牡丹(まつばぼたん)・滑りひゆ(すべりひゆ)科★
・開花時期は、 7/ 1頃~10/25頃
 長い間咲き続ける
・「ポーチュラカ」も載せてみました
・ブラジル原産。全世界の温帯、熱帯にある
 暑ければ暑いほどよく繁る
 強健な草花で、強い日照りにも耐えて
 次々と一日花を咲かせる
・アロエやサボテンなどと同じ貯水能力と
  気孔が夜開くという特殊な光合成能力がある
・線形の葉を「松」に、花を「牡丹」に
 見立てたことから「松葉牡丹」に。









7月13日(日)21:14 | トラックバック(0) | コメント(0) | 視線を花々・植物 | 管理

いつもの散歩道

いつも歩く川沿いの散歩道
暑いときには水遊び
同じ位置までくると
迷わず水の中に入り心地よい顔します「笑い」



いつもなら軽く飛び平気で渡るのになぁ
疲れているのか?
飛び石の上で恐そうな顔して固まってる!
暫く待っても動かないので
抱っこしてわたりました~変だなぁ「笑い」












7月13日(日)20:38 | トラックバック(0) | コメント(0) | キティちゃん | 管理

さるすべり&ヒメヒオウギズイセン

1番咲きを見つけたのかな?

★百日紅 (さるすべり)★
・中国原産 ・ アヤメ科 ヒメトウショウブ属
花期 7~8月 多年草


・「約100日間、ピンクの花を咲かせる。」のが
 名前の由来。約3ヶ月間、秋まで咲き続ける。
 実際には、一度咲いた枝先から再度芽が出てきて
 花をつけるため、咲き続けているように見える
 花はしわしわの形。白い花もある
・「猿滑」とも書く
 ”幹がスベスベで、猿も登れない”ところから
・秋になると、けっこう早めに落葉する






★ヒメヒオウギズイセン (姫檜扇水仙)★
・別名:モントブレチア

★ヒオウギズイセンとヒメトウショウブ
 (どちらも南アフリカ原産)の交配種。
 ヨーロッパで交配されたらしい
 明治時代中期に観賞用として渡来
 庭から逃げ出して、人家の周囲や野原などで野生化している
 花の部分だけを拡大して撮影すると
 なぜかピントの合ってない写真を量産してしまう









7月9日(水)22:46 | トラックバック(0) | コメント(2) | 視線を花々・植物 | 管理

シャンプー&カット♪

キティちゃん、久しぶりに
シャンプーとサマーカットして男前になりましたょ
連れて帰る途中に
自宅近くにある小さな公園で記念撮影でした
疲れていたのか
いつもの、はいっ、ポーズ!に手間取りました



少しずつご機嫌が戻ってきた「笑い」


はいっ、お利口さんでした♪








7月9日(水)21:46 | トラックバック(0) | コメント(0) | キティちゃん | 管理

アメリカ芙蓉&

散歩途中で綺麗に咲いているのを見つけた
芙蓉・木槿によく似ているけれど
どこか違う
色々調べていたら偶然わかりました

★アメリカ芙蓉 (アメリカふよう)・葵(あおい)科★
・アメリカ版の芙蓉です。アラバマ地方原産
  大きい花。色は濃い赤、ピンク、白など
 真夏に元気に咲きます。
・別名 「草芙蓉」(くさふよう)
・7月19日の誕生花
・花言葉は「日ごとの美しさ」






★七変化 (しちへんげ)・熊葛(くまつづら)科★
・同じ茎から微妙に違った色の花を咲かせる
 まさに色の”七変化”
・別名「ランタナ」
・10月27日、11月9日の誕生花
・花言葉は「合意、協力、確かな計画性」









7月9日(水)21:28 | トラックバック(0) | コメント(0) | いつもの散歩道 | 管理

はまなす&ぎぼうし

赤い綺麗な実を撮ったのは良いけれど
なにの実か?名前が不明?
少し季節的には早いけれど
まぁ~赤茄子としておきましょう「笑い」

やはり、間違っていた、お友達に教えて頂きました

★浜梨 (はまなす)・薔薇(ばら)科★
・海岸近くに植えられる
・葉や枝にこまかいとげがいっぱいある
・よい香りの花
・夏に、ミニトマトのような形の
  だいだい色の実がなる(すごく固い)
・甘酸っぱい味の実を梨にたとえて
 「浜の梨」の意で名づけられた「はまなし」が
  東北弁でなまって「はまなす」になった
・「浜茄子」とも書く
・北海道の道花(浜梨)
 「♪ 知床の岬に~ はまなすの咲く頃~」
          (知床旅情)
・アイヌの人々は魔よけのために戸口に立てて
  実は食用、種子をイヨマンテの祭りに用いた



★擬宝珠 (ぎぼうし)・百合(ゆり)科★
・強い日光と猛暑が苦手
 日焼けしてしまうらしい
 イギリスや北欧では夏は日本より涼しいので
 ガーデニングとしてよく使われる
・春、若葉をゆでてあえものにするとおいしいらしい












7月5日(土)17:06 | トラックバック(0) | コメント(0) | 視線を花々・植物 | 管理

夾竹桃

梅雨明け宣言はまだ聞いていませんが
真夏のような暑さで
昼間はとても暑くて歩けません
日が暮れ涼しくなっての散歩では
デジカメ散歩にならなくて、ネタ切れに悩む
隣接の公園の見慣れた被写体ばかりで面白くないなぁ
夾竹桃は長い間咲き続けているようです



HAT神戸の復旧団地
年配の方達が多く住んでいらっしゃいますが
なんだか、高層はお気の毒みたいですねぇ



この花壇は神戸製鋼所の溶鉱炉用のバケット
再利用です、
製造月日が横に記されているのが見える
53-9-10 約55年前です
この周辺は神戸製鋼所等の工場跡地でした









7月5日(土)16:48 | トラックバック(0) | コメント(0) | いつもの散歩道 | 管理

なぎさ遊歩道2

駄作ばかり沢山撮り流したけれど
どれを選んでアップして良いか頭が痛い「笑い」
もう、数枚追加です
ダウン気味のキティも~~

水産庁所属の巡視艇も接岸されています

小さな船が大型船を牽引しているのも面白い









なぎさ湯の付属設備で無料サービス
でも、時間が早くてお湯が入っていなくて残念
この前はキティと仲良く足を浸したのに♪






7月1日(火)22:34 | トラックバック(0) | コメント(2) | いつもの散歩道 | 管理


(1/2ページ)
>1< 2 最後 

FX自動売買 | 禁断のケーキ | 恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器
避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機 | パスキット | さくらのVPS